演劇実験場下鴨劇場blog

京都府立大学公認の演劇部「演劇実験場下鴨劇場」のブログです。

2018-06

挑戦状~所長が言ってたことにする~

みなさんこんばんは北西です。
京都は梅雨に入り、じめじめどんよりした天気が続いています。
花粉が終わったと思ったらすぐ梅雨。。。
朝起きて身体を奮い立たせるのが一苦労です。
雨だとなかなかやる気が出ないですよね。

そんな梅雨も、あじさいが見頃だったり、カエルの心地よい合唱が聞こえたり、
自称雨男雨女の方々の信憑性に貢献したりと、
悪いことばかりではないようです。

ところで梅雨ってなんで梅という漢字をあてているのでしょうか。
梅なんてとっくに散っていますが。
僕には教養がないのでわかりません。
梅雨のことを詳しく知りもしない身分で、
梅雨のことを非難するのはやめようと思います。
もしかしたら今僕が見ている梅雨は本当の梅雨の姿のわずか数%かもしれませんから。

皆さんの中にいる下劇も100%ではないかもしれません。

「演劇部?なんか恥ずかしいからええわ。」
「でも劇とか全然観たことないからわからんかも。」
「下劇?ああなんかパッとしないあそこね。」

バイアスかかってバイブス下がるとはよく言ったものです。
あなたの「下劇観」は、何%ですか?
このブログを読んでくださった方に特別にお教えします、
なんと、6月29日から7月2日までの四日間、あなたの下劇観を100%に近づけるスペシャルなイベントがございます。
その名も、下鴨古今夏芝居。
語感がいいのは七五調だからでしょう。
公演の情報はホームページ、またはTwitterでご確認ください。


観てから、語ってください。
ご来場お待ちしております。




でもこうしてなんでもないブログを最後まで読んでくださるような方って結構観に来てくださってる方なんだろうなあと思うと、こういう発信も新規さんに届いていないような気がして暖簾に腕押し感ありますよね。
スポンサーサイト

更新遅くなってすみません

ご機嫌よう
おやすみ中のあなたを付け狙う私です
羽音にあなたの手が飛んできますふふふ
この時期、積極的にアレを提供してくださる下劇さんの事を
命懸けで想ってます
永遠の片思いですが
あら危ない


HPとかtwitterで見たんだけど、下劇、今月末から夏公演やるんだって!
へえ(か)
公演名は「下鴨古今夏芝居」、か。…これって時代劇?むしろ時間を超越するのかなあいろいろ空想しちゃう。
うん(ゆ)
お芝居の題名もさ、『たけなわに』『さよならライカ』『プリマとセコンダ』と、
いちばん最後のは”みこしばきたん(御子柴奇譚)“かな。
ああ(い)
興味ない?
……(痒)
江戸の日暮れ、夏空に飛行機雲、居残りの教室、アノ子を一人語り。
は?
このイメージ、美味しくない⁈ちょっと謎めいててさ!
え?どれがどのイメージ
だから『たけなわに』が江戸の…てもう、いい!蚊にでも食われてしまえ!
うぎゃ


1日更新が遅れた上にカユミでおかしくなりました。刺されても掻きくずさないのが一番です。失礼いたしました。さて、何をお伝えしたいのかといえば、今回の公演の雰囲気です。上から20行目のところです(他いらなかった)。それぞれの作品の第一印象みたいなものを、独断と偏見で切り取ってみました。現実でも特定の空間が生む魅力はありますが、逆に舞台上にそこが「みえる」のも素敵ですよね。音や光、シチュエーションがうまく重なった瞬間というか。目の前にモノがあるわけではないけど、頭であると感じられるというか。…自分は舞台側と思い出してなんだか緊張してきました。当日、見届けていただければ幸いです。

ブログは来週も続きます!それでは、だえそでした。

【公演情報】
演劇実験場下鴨劇場2018年度夏公演
『下鴨古今夏芝居』
総監修・脚本・演出 村山はる乃

日時
6/29(金)18:30~
6/30(土)17:00~
7/1(日)17:00~
7/2(月)18:30~
*開場は開演の30分前です
*上演時間は休憩含む約90分を予定しております

会場:BOX街練習場

料金:無料カンパ制

好きこそ物の上手なれ

夏公演始動、ブログトップバッターを務めます、
どうも、上村です。
トップバッターだからどうしたという話ですが。
挨拶が思いつかなかったのです。

さて、上述の通り、5月の中旬から夏公演に向けての練習が始動しました。
本番まで1ヶ月ということで、役者はほぼセリフを覚え、やる気にも満ち溢れています。
稽古場は毎日活気付いていますよ!

夏公演に関して、書きたいことは山ほどありますが、まあそれは後ほど他の方々が沢山語って下さるでしょうし、
今回は別の話を1つするとします。

私は、一応大学以前から芝居をやっているのですが、そのわりに、芝居のどこが好きなの?と人に問われると、すぐに返答ができません。
これ、結構悩みです。
芝居への想いがあまり伝えられないのです、悲しい限りですね。
良いところ好きなところが沢山思い浮かびすぎて一つに絞れず、これといった返答ができません。
皆さんはどうでしょうか。
これ、と1つ答えられますか?

さて、なんだか支離滅裂になりつつあるので、ここで切り上げるとします。

それでは、
夏公演、乞うご期待です!



☆公演情報☆
『下鴨古今夏芝居』
総監修/脚本/演出 村山はる乃
◆演目◆
「たけなわに」
「さよならライカ」
「プリマとセコンダ」
「御子柴奇譚」
◆日程等◆
6/29(金)18:30〜
6/30(土)17:00〜
7/1(日)17:00〜
7/2(月)18:30〜
*開場は開演の30分前です
*上演時間は休憩含む約90分を予定しております

会場:BOX街練習場

料金:無料カンパ制

結びのことば

こんばんは。今日で最後、北西です。
何はともあれ、
2018年度新歓公演「結言(ゆいごん)」、
全ステージ、無事終了しました!

四月のお忙しい時期に足を運んでくださった皆々様、
本当に、本当にありがとうございました!!

さて、「結言(ゆいごん)」はいかがでしたでしょうか?
ご覧になった皆さまがそれぞれ何かしらを感じていただければ幸いです。
クイズの答えは見つけられましたか?
詩織はお母さんに何と答えるのでしょうか?

生きていく中でどうしても避けては通れない、人と人とのつながり。
それは家族だったり友達だったり先輩だったりはたまた道行く人だったり。
いろんな人と出会って、いろんな人と別れて、生きてゆくんだと思います。

照れくさくってついつい思ってることと裏のことを言ってしまったり、
相手が嫌がってるのにおせっかいしてしまったり、
お金の貸し借りで揉めたり、
悪口を聞かれてしまったり、
この世には数えきれないほどの人間関係のトラブルがあります。
そんなトゲだらけの道を、上手に、トゲを踏まないように、歩いていくしかありません。
メンドクサイけど、
そんなもん、なのかもしれません。

今、身近にいる人。
例えば、
電話をかけたら出てくれる人。
集まろうって言ったら集まってくれる人。
お店にいつも来てくれる人。
家に帰ったらいる人。
みーんな、自分と同じようにトゲトゲの道を歩いています。
その道を往く者どうし、出会えたことって奇跡なんだと思います。
そんな素敵な縁を、大切にしていきたい。
年度の変わり目、新学期が始まったこの四月に、
「結言(ゆいごん)」を皆様にお届けすることができ、嬉しく思います。

さて、新歓公演も幕をおろし、下劇はまた新たなスタート地点に立ちました。
下劇に入部を希望される方は5月8日18:00に学生会館第三ミーティングルームにお集まりください。
また、興味があるよという方、まだまだイベントは準備しておりますのでぜひチェックしてみてください。
次回公演は七月ごろを予定しています。
それでは、また会う日まで。

最後に、公演を支えてくれた役者、オペ、スタッフのみんな、
本当にありがとう。
このメンバーで公演ができたことは僕の誇りです。


ハレ舞台

こんばんは。またお前か北西です。
何はともあれ、
2018年度新歓公演「結言(ゆいごん)」、
第四ステージ、無事終了しました!

念願の、晴天。
お天道様はまだ僕たちを見放してはいませんでした。

さて、いよいよ残すところあと一ステージ。
日付が変わって今日!4月20日18:30~、千秋楽です!
天気予報も晴れ!
演出としては明日で終わってしまうことに寂しさも覚えますが、
お客様はそんなこと何も知りませんから、
いつも通り、全力でやりきるだけです。

いつも通り。
簡単そうに聞こえて実はとても難しい。
そんな無理難題を押し付けられるのも、
役者、オペ、スタッフのみんながそれに応えてくれるからです。
決して向上心がないわけではありません。
ここまで来たら、いつも通りのパフォーマンスが一番良いんです。
磨きに磨き上げた「いつも通り」の千秋楽を、
ぜひご覧ください。
期待を裏切ることはありません。
ご予約、まだまだ受け付けております。

メール:shimogeki@hotmail.com
もしくは
Twitter:@shimogekiのDM
まで!

皆様のご来場、心待ちにしております。

    :
    :
    :

でもやっぱり、
千秋楽って特別ですよね。
ちょっとだけ多めに
気合いを入れておこうかな。
ほんのちょっとだけ。


☆公演情報☆
演劇実験場下鴨劇場2018年度新歓公演
「結言(ゆいごん)」
脚本・演出 北西哲也
日時
4/14(土) 14:00~/17:00~«終了»
4/17(火) 18:30~«終了»
4/19(木) 18:30~«終了»
4/20(金) 18:30~
場所:BOX街練習場
料金:無料カンパ制

 | ホーム |  »

FC2Ad

 

プロフィール

下鴨劇場

Author:下鴨劇場
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (112)
2013年夏公演 (17)
2013年演劇祭 (2)
日常 (38)
2013新歓公演 (3)
第13期生最後の実験公演 (7)
下劇2014新入生歓迎公演 (13)
2014年度夏公演 (22)
2014年度冬公演 (16)
2014年度冬公演・流木祭 (14)
下鴨所長 (7)
2015 (0)
2015年度新入生歓迎公演 (17)
2015夏公演 (11)
2015冬公演・流木祭 (24)
2016年度新入生歓迎公演 (17)
2016夏公演 (11)
2016年度冬公演 (11)
2017年度新歓公演 (9)
2017年度夏公演 (12)
2017年度冬公演 (11)
第19期生引退公演 (9)
2018年度新歓公演 (6)
2018年度夏公演 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR