演劇実験場下鴨劇場blog

京都府立大学公認の演劇部「演劇実験場下鴨劇場」のブログです。

2018-02

京都って演劇に優しい街だよね

こんばんは!ウェブの更新をさせていただいております塚田縁です。
まず始めに謝罪させていただきます。
恐らく新歓公演横の画像が表示できていないと思います。現状原因が分らず、いろいろと調べてます。画像はまだチラシの画像ではありませんが、見にくくなってしまい申し訳ございません。

改めまして本題に入りますか。
じわじわと春が近づいてきましたねー。そう!始まりの季節です。これを機に演劇の世界に足を踏み入れる方も多くなるのではないでしょうか。まだ演劇に触れて二年、しかも裏方専門ではありますが、私の思う演劇の魅力を軽く話させていただきます。
1.俳優もスタッフも裏方もみんな主人公
誰一人として要らない人はいません。一人一人の個性が輝きます。人が変われば舞台も恐らくがらりと雰囲気が変わるのではないでしょうか。
2.達成感・仲間
就活とかでよく見ますね。劇を一からみんなで作る訳ですからね。達成感と同時に反省も残ります。次に生かします。演劇の沼に嵌ります。
3.たのしー
ありすぎて逆に思いつきませんでした。舞台美術楽しいです。

あと京都は学生が多く、劇場もありますので公演が結構頻繁にあります。私も今日二つの公演を梯子してきました。とてもよかったです。
裏方専門の人間の視点なので役者にはまた別の魅力があるのでしょう。今度聞いてみたいですね。
ここまで読んでいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

最後に書くブログだからって感謝したりしない

 千秋楽ステージ終わりましたね!これで私たちは晴れて引退。いやー、引退。それにしても、引退。早いものですね。

下劇。
よりどりみどりの団体がある中で何故か府大の部活を選んだ天邪鬼の自分を、まだ尻の青かった自分を、赤の他人だった自分を、トーシロだった自分を、受け入れてくれた場所。黄色い歓声はなかったけど、ステージに満足はしてます。どうも漆黒の翼です。

最後に書くブログですが、みんなとの出会いに感謝…!的なことは書きません。
あえてそういう予定調和を裏切るのが私さかい将史です。

最近広い空間っていうのが本当に窮屈なんですよ。特に、自分の大学で受ける100人規模くらいの大講義とか。
もしかして練習場の環境に慣れてしまったからなのか? とも思ったり。
教授が並べる賢そうな言葉を知って、本当に賢くなった気にでもなってる大講義の前の方に座る人にも、授業中にも関わらず四、五人で戯れて菓子パーティーとかインスタとかしてたりする大講義の後ろの方に座る人にも、いまいち好きになれないんですよね。
まあでも結局、前にも後ろにも座れないような中途半端な自分が思う「嫌い」なんていう感情はちょっとした嫉妬で、実は彼らになりたくてもなれなかったが故に理解できないだけなのかもしれませんね。
本当はやりたかったよ。合コンとか、イベサーとか、ゼミ合宿とか、圧倒的成長が実感できるビジネスマネジメントインターンとか、ピースした指を繋ぎ合わせて星形にして写真撮るやつとか!

さて、今日で引退公演が終わりましたね。
ご来場してくださった皆様はいかがご覧になられたでしょうか。お褒めの言葉も多く、劇団員一同大変嬉しく感じております。

もうこの19期生のメンバーで演劇することはないでしょう。
「前の方の人」でも「後ろの方の人」でもなく、私のことを名前で呼んでくれるみんなのことが大好きでした。このメンバーで演劇やれてよかった。
あと、ステージを支えてくれた20期生。一足先に舞台から降りるけど、本当は君たちが同期だって思ってるから!ホームページの団員紹介に未だに現役生として私の名前があるの、あれ皆からの仲間意識の表れだって信じてるから!Webの怠慢だなんて一ミリも思ってないから!

というわけで最後のブログだし長文書いてみましたが、もう指疲れたんで辞めますね。
ああでも、自分の指がもう一言書きたいことがあるって言ってるんで、あとキーボードの8か所だけ。

ありがとう

あ、感謝しちゃいました。前言撤回で。

魅力的なもの

下劇19期生引退公演「海の底の白鳥」2日目終了しました〜!寒い中来てくださった方ありがとうございました。

今日のブログ担当、新ゆかりです。

ってなわけで「海の底の白鳥」明日で千秋楽です!3年間一緒にいた同期と舞台に立つのもこれで最後だと思うと…だーいぶ寂しいです。

今思うと、すごくバランスの良い7人だったなぁと思います。

我々の代は「プレーンな代」

とか言われてたんですが、いやいやいや!
んなことねーから、個性しかないから!
と、言えるくらい個性がうるさい引退公演になっております。
それぞれの個性をうまく活かした脚本、芝居、演出になっとります!
正直、わいの同期はまじすっげーんだぞっ!ってみんなに自慢したいっっ!!!
毎公演楽しくて仕方がないです。最後まで全力で楽しんでいきます。

7人の個性を、是非観にきて下さい!

【公演情報】
演劇実験場下鴨劇場第19期生引退公演
「海の底の白鳥」

脚本:デコヒロシver.19
演出:ぼくら


日時
1/19(金)18:30~
1/20(土)16:30~
1/21(日)14:00~
*開場は開演の30分前

場所:京都府立大学BOX街練習場
料金:無料カンパ制

ご予約はこちら!




あぁぁぁぁやっぱ演劇好きだなーやめたくないよー

舞台の上では違う(新しい)自分になれる、
違う自分になれば今の自分を客観的にみたり考えたりできるから。

舞台の上では思いっっきり泣いたり笑ったり怒ったりできる、
ストレス発散。

妄想が実現できる、
昔から妄想が好きだから。

引退しても就職してもどっかで演劇に関わっていたいです。願わくば

初日終了!!

引退公演初日、無事終了いたしました!本日は満員御礼となり、たくさんの方に見ていただくことができました。ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!!

…というわけで、無事初日を終え、安心感と眠気に襲われております、オレンジのアレを7つ集めると願い叶う的なアニメが大好きな川島早智です。

いや〜、まさかこの劇が公演本番を迎えるとは。こんなにたくさんの方に見ていただく日がくるとは。これは果たして現実なのでしょうか。
いや、これが現実じゃないならば、今日そこそこウケたのも嘘になってしまう。それは避けたい。ということでこれは現実。

この公演が終われば、本当の引退を迎えるのも現実なわけで。寂しいな〜…。なんて最近毎日しんみりしています。
誰か励まして〜〜〜!!!………家に帰って愛犬に癒してもらいます。これも、現実………。

ブログ書くたびに緊張します。なぜなら!いつも個性豊かな下劇団員たちが、個性あふれる面白かったり面白くなかったりするブログを投稿しているから!!個性とは何だ…面白さってなんだ…下劇に入ってからこのことについて何度自分の中で議論を繰り広げたか…。

くぅ。結局答えは見つからないまま引退を迎えそうです。しっかし、今回の劇では、団員の個性が溢れ出ているといいますか、もうみんな考えながらも思いのまま演技しちゃってます。むしろ素なのかもしれません。よくできた脚本だぜまったく……。

今日舞台立ちながら思ったんですけどね、いや、舞台出る前は緊張してたんですけど、立ってみたらめっちゃ楽しくて、あーこれが演劇好きな理由なんだなーって思いました。んー、わかりませんよねー。あれのアレ的な??⚠︎ネタバレ注意。


ラスト2公演。
大好きな同期と、頼れる後輩と、みんなで笑顔で終わりたいな。。。
楽しんでいこーぜ!!!



【公演情報】
演劇実験場下鴨劇場第19期生引退公演
「海の底の白鳥」

脚本:デコヒロシver.19
演出:ぼくら


日時
1/19(金)18:30~
1/20(土)16:30~
1/21(日)14:00~
*開場は開演の30分前

場所:京都府立大学BOX街練習場
料金:無料カンパ制

ご予約はこちら!

ガンジスが川って意味であることに納得いかないのでこう叫ばせてください!

マジガンジス!!!

どうも岡田です。
今日はゲネでした。
日付は変わっていますが、“今日”だと言い張ります。
なぜでしょう!
そこにあえて意味を与えるなら、“昨日”にやり残したことがあるからですかね!プフェッフェル!!

どんなものにも意味があるという人もいれば、あらゆるものに意味なんてないという人もいます。
でも、あるとかないとか面倒なので、もう好き勝手に意味を与えちゃえばいいとおもいます。

道端に転がってる石ころさん。
帰路につく小学生が蹴飛ばして遊ぶためにあります。
まじ卍さん。
言葉にできない何かを表現するためにあります。
悲しみさん。
ほんの少しの喜びをより強く噛み締めるためにあります。
人生さん。
結構悪くなかったな、ええやんと思い返して死ぬためにあります。
まあ、適当ですが。

みなさんはこの公演をご覧になったとき、どのような意味を与えてくれるでしょうか。
暇つぶしにはなりますか。
おもろいやんけと思えるものでありますか。
時間の無駄と唾棄するほどのものだったりしますか。
観に来てよかったと言ってもらえるようなものになっているでしょうか。

何かしら想っていただければ嬉しいです。
それが否定的なものでも肯定的なものでも。
とにかく、感謝なのです。
お越しくださるお客様はもちろんのこと、今回手伝ってくれた後輩たちや、下劇でこれまで関わってくれたすべての方に。
アザッスを。
いや、ごめんなさい。
ありがとうございました、です。

はてさて、ブログの文章を書き終えた今、ようやく“今日”が“昨日”になりました。
本日、開演します。

-------------------------------------------------------------
【公演情報】
演劇実験場下鴨劇場第19期生引退公演
「海の底の白鳥」

脚本:デコヒロシver.19
演出:ぼくら

日時
1/19(金)18:30~
1/20(土)16:30~
1/21(日)14:00~
*開場は開演の30分前

場所:京都府立大学BOX街練習場
料金:無料カンパ制

ご予約はこちら!

 | ホーム |  »

FC2Ad

 

プロフィール

下鴨劇場

Author:下鴨劇場
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (104)
2013年夏公演 (17)
2013年演劇祭 (2)
日常 (38)
2013新歓公演 (3)
第13期生最後の実験公演 (7)
下劇2014新入生歓迎公演 (13)
2014年度夏公演 (22)
2014年度冬公演 (16)
2014年度冬公演・流木祭 (14)
下鴨所長 (7)
2015 (0)
2015年度新入生歓迎公演 (17)
2015夏公演 (11)
2015冬公演・流木祭 (24)
2016年度新入生歓迎公演 (17)
2016夏公演 (11)
2016年度冬公演 (11)
2017年度新歓公演 (9)
2017年度夏公演 (12)
2017年度冬公演 (11)
第19期生引退公演 (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR