演劇実験場下鴨劇場blog

京都府立大学公認の演劇部「演劇実験場下鴨劇場」のブログです。

2017-05

冬公演「~夏空の光~」無事終了いたしました(&勝手に裏話)

こんばんは。福山奈緒子です。

演劇実験場下鴨劇場冬公演「~夏空の光~」を全ステージ無事に終えることができました。
ひとえにご来場いただいたお客様、協力してくださった方々のおかげです。
本当にありがとうございました。

終わってからバラしをして軽い打ち上げと、休む暇なくさっきまでバタバタしていましたが、落ち着いてみると、なんだか胸がいっぱいです。

今回の公演のレパ選が夏だったので、私自身あまり危機感をもつこともなくこのお話に決まってしまったのですが(私がもってきました・・・)、季節が変わっていくにつれて「これ、夏服で演技できるのか・・・?」と思うようになり、内心すごく焦っていました。
演技と関係ないところでキャストをいじめ倒してしまったと少々反省しています。
見事にやりきってくれた彼らには本当に感謝しています。

今年の冬公演は何をするか、という話になったとき、「家族」の話をやりたいと思っていまして。
ほっこりするような「家族」の話を探していたところ、「~夏空の光~」に出会いました。
さすがにはじめは「冬なのに夏か・・・」とは思ったんですけどね。
脚本の面白さに惹かれてレパ選に出しました。
駅長さんと奈津美さんの家族愛、見連川駅の人たちのあったかさ、光のまっすぐな性格、ほかにもあげたらきりがないですが、そういうところに惹かれました。

稽古を重ねていくうちに、栞さんと大五郎の馴れ初めとか(大五郎のテーマソングは「夜霧よ今夜もありがとう」だから二人も実は忍び合う恋をしていたのかもしれないとか)、奈津美が大五郎の好みなら栞さんも昔は奈津美さんみたいな人だったのかなとか、駅長さんと大五郎は歳が近くて意外と仲良しなんじゃないかとか、脚本にない裏話をいろいろ思いついてはひとり楽しんでいました。
大五郎ばっかりですね。大五郎の性格、面白くて好きなんですよね。
ちなみに、気になった人もいるかもしれませんが、光が駅長さんに渡そうとしていたプレゼント、今回あの中にはバンダナをいれていました。
これも私の勝手な想像ですが、そのバンダナを三角巾にして駅長さんがお菓子を作って光と山田と三人で一緒に食べていたら素敵だなあと思っています。


妄想はこの辺にして。

今回初めて長編の演出をさせていただきましたが、情けないことに私が役者に助けられながら劇を作ってきました。
パンフレットにも書いたとおり、みんないろいろ考えて試してくれて、とても助かったし、何より楽しかったです。
演出の役割は果たせたのかどうか・・・。
見に来てくださった皆様の心に残るものがあれば、団員が今後につながる何かを得られていたら、幸いです。

とにもかくにも、無事終了できて本当によかったです。
寒い中お越しくださった皆様、ほんとうにありがとうございました。


・・・本当に文章力がないので駄文な上に書くのに2時間かかりました。
次回は4月の新歓公演の予定です。
またのお越しをお待ちしております。
スポンサーサイト

コメント

寒いけど暖かい・・・

最終日の「夏空の光」を楽しく観劇させていただきました。寒い中でしたが、寒さを忘れてひととき楽しめました。ありがとうございました。帰りを急いでいたので、感想書かずにでました。ということで感想を書きます。

私たちの人生の中で、何か、し忘れた事などないのか、このまま死んでも心残りがないような生き方はどのような生き方なのか?この歳になって改めて考えさせられました。究極の状況を設定することで、何が大事かが見えてくることがあります。日常生活では、色々なものがまとわりついて、主要でない物が一番になっていたり、本当に大事なものがオイテケボリになっていたり、難しいですよね!?そんな時、こういう劇を観て、ちょっと考えてみるのもいいものだと思います。歳のせいか、ほろりと涙がこぼれそうになったところもありました。また、大五郎のセリフで何度か笑わせてもらいました。(身内贔屓ではありません。本当に笑ってしまいました。)寒かったけど、心温まるひとときを過ごせて幸せでした。帰宅途中で、温かいラーメンを食べて帰り、身も心も暖かくなりました。今後も身体に気を付けていい作品をお願いします。

ところで、山田駅員と駅長のかかわりは、お礼を言わずに終わってしまいましたが、そのことで、きのおけない仲間と一緒にずっと働けるという配慮なのでしょうか。それはそれで、良いのかなと思います。次回も楽しみにしています。 (大五郎のPaPa)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shimogamogekijo.blog.fc2.com/tb.php/156-dfaf40ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

下鴨劇場

Author:下鴨劇場
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (95)
2013年夏公演 (17)
2013年演劇祭 (2)
日常 (31)
2013新歓公演 (3)
第13期生最後の実験公演 (7)
下劇2014新入生歓迎公演 (13)
2014年度夏公演 (22)
2014年度冬公演 (16)
2014年度冬公演・流木祭 (14)
下鴨所長 (7)
2015 (0)
2015年度新入生歓迎公演 (17)
2015夏公演 (11)
2015冬公演・流木祭 (24)
2016年度新入生歓迎公演 (17)
2016夏公演 (11)
2016年度冬公演 (11)
2017年度新歓公演 (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR