演劇実験場下鴨劇場blog

京都府立大学公認の演劇部「演劇実験場下鴨劇場」のブログです。

2018-07

下鴨古今夏芝居

みなさんこんばんは、はるのです。
いきなりですが、フランス人が恋人を呼ぶときに使う、「クルヴェット」という言葉には、
「小エビちゃん」という意味があるそうです。
「子猫ちゃん」や「プリンちゃん」など、大切な人を何か別のものに例える文化は様々な国にありますが、
やはり、「天使」という喩えは国や文化をとわずよく耳にするような気がします。
日本でもやさしくいたわりの深い人や、心が純粋な人を「天使」という言葉で表すことがありますでしょう。

ところがそんな「天使」という言葉が、「地獄からの使者」という意味で使われている用例が一つ、日本にあるのです。
嘘だと思うならジャパンナレッジを引いてみてください。
『海道記 東国にさまよひ行く子』より「終に天使にめされて地獄に堕ぬれば」という用例が必ず見つけられます。
「天使に召されて」「地獄に堕」ちるんですよ!? とんでもハップンな話じゃアございませんか!・
「天使」という字面に騙されて油断しちゃいけませんね。
どんなに善さげなものでも蓋をあけてみれば……ということもございましょう。
そしてその逆もまた然り。
下劇の今年度の夏公演でも、「暑いだろうなと思って観ていれば意外にもヒヤリとしたりぞくぞくしたり涼しい気持ちで楽しめた」
というご意見をいくつか頂きました。
ありがたいことです。
心理的にはともかくとして、それでもやはり今年も暑かった夏公演。
ご来場いただいた皆さま、本当にありがとうございました。
お迎えの天使は見えなかったけれど、生命の危機は感じた、というお客様もいらっしゃったでしょう。
それでも「来てよかった」と思っていただけていれば幸いなのですが。

扨、皆々様のおかげで「下鴨古今夏芝居」も無事最終日を迎えることができました。
私は今回、様々な媒体の上を平気な顔で闊歩する天使のような図々しさで、
四本の短編劇の全ての脚本・演出を行いました。
本当にヘビーで、本当に楽しかった。
一緒に突っ走ってくれた、役者陣、並びにスタッフさんには頭が上がりません。

長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。
下劇の次回公演にもぜひご期待くださいませ。
それでは皆様、おやすみなさい。
いい夢を。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shimogamogekijo.blog.fc2.com/tb.php/403-2c56d687
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

下鴨劇場

Author:下鴨劇場
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (115)
2013年夏公演 (17)
2013年演劇祭 (2)
日常 (38)
2013新歓公演 (3)
第13期生最後の実験公演 (7)
下劇2014新入生歓迎公演 (13)
2014年度夏公演 (22)
2014年度冬公演 (16)
2014年度冬公演・流木祭 (14)
下鴨所長 (7)
2015 (0)
2015年度新入生歓迎公演 (17)
2015夏公演 (11)
2015冬公演・流木祭 (24)
2016年度新入生歓迎公演 (17)
2016夏公演 (11)
2016年度冬公演 (11)
2017年度新歓公演 (9)
2017年度夏公演 (12)
2017年度冬公演 (11)
第19期生引退公演 (9)
2018年度新歓公演 (6)
2018年度夏公演 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR